行け! せんべろ探検隊。

千円でべろべろに酔える店を彷徨う、せんべろ探検隊ストーリーです。探検隊だから、時には、危険なまんべろも。いざ、せんべろ劇場へ! まぐまぐで、メールマガジンを発行してます。ほぼ週末に人気記事を発送してます。

千円でべろべろに酔える店を彷徨う、せんべろ探検隊ストーリーです。探検隊だから、時には、危険なまんべろも。いざ、せんべろ劇場へ! まぐまぐで、メールマガジンを発行してます。ほぼ週末に人気記事を発送してます。

四条

四条『靖馬(やすま)』(京都)女優サナエ、打ち上げだ!

「俺は、マクベスだ!!」IMG_3251

 サナエ、冒頭の台詞である。
 歩きながら「俺はマクベスだ」と云ってしまうほど、サナエは舞台にはまっていた。
 とはいえ、その舞台も今夜で終わりだった。
「打ち上げせんべろ屋はないかえ」
 と僕たちは、小雨の降る京都を彷徨っていた。

「反省会だな」と僕が云うと、
「なんの反省や」と、サナエが云った。
「太ったとか」と、僕が云った。
「女優のみんな、痩せてるよね。一緒に、舞台に立つとあたしだけ、目立ってたやんか」と、サナエが云った。
「台詞も目立ってたで」と、みーやんが云った。
「どーせ、棒読みや」
「棒読みだな」と僕が云うと
「演技や」と、サナエが云った。
「星見ヶ丘少年ヒーローズの是常祐美さん、すごい長台詞をテケテケテケって、早口で自然っぽく云ってるのがスゴイなぁ」と、僕が云った。
「そらそーや、あっちは玄人」と、サナエが云った。
 『靖馬』にしよう、と僕たちは赤い暖簾をくぐった。雨も降っているし、ここなら帰りの駅も近い。
 中は客でいっぱい。僕たちは、カウンターに並んで座ることにした。京都らしい雰囲気のある居酒屋だ。安そうだしね。
IMG_3257
「俺はマクベスだー!」と、僕たちは乾杯をした。
 サナエがほっとしたような顔をしていたし、実は、僕たちもほっとしていた。
「演技のビデオ見て、ほんま痩せなアカンって思たわ」と、サナエが云った。
「舞台続ければダイエットになるで」と、みーやんが云った。
「無理や」
 そう云うと、サナエは焼き鮭を注文した。どうやら本当に痩せるつもりらしい。 僕はシューマイ。完熟トマトの餃子も。
IMG_3268
 僕も役者をやろうと劇団に入ったことがあった。
 『演劇舎蟷螂』という劇団である。初めて出た舞台が『白夜月蝕少女航海記』(脚本:高取英 演出:小松杏里)である。確か、高円寺明石スタジオで演ったと思う。美加里さん、原サチコさん、大鷹明さん、渡辺敬彦さん、阿部能丸さんたちが螳螂で活躍していた小劇場全盛期である。
 当時、明治大学の地下に稽古場があって、舞台が近づくと毎日のように通っていた。同じ地下に、流山児祥主催の『演劇団』や、川村毅が率いる『第三エロチカ』『ワハハ本舗』もいたなぁ。
 大学の中に、みんな潜り込んでいたわけである。大学生のフリをして「劇研」です。と入り口で云うと、誰でも入ることができた。
 早稲田の第三舞台もそんな感じだったと思う。
 いい時代だったのである。
 僕は次の公演『ヴォイツェク』には出たけれど、とてもじゃないけど無理だと、逃げ出してしまった。体力とか、情熱とか、惰性とか、いろんなものが混じった刺激的な世界だったと思う。うまく云えないけど。
IMG_3275
「『ユニット美人は、美人が美人かどうか分からない人とかいて、好きだったから入ったのに』って、是常さんの台詞が好きだな」と、僕が云った。
 舞台って、つい、入っちゃうもんなのだ。
「みんな主人公! 星見ヶ丘少年ヒーローズ!!」と、サナエが少年っぽい声で云った。
 たまに、舞台で使った台詞をサナエが叫ぶ。
 紙本さん、村井さん、是常さんの印象的な台詞である。まだ、サナエは舞台の周辺を浮遊してるらしい。覚めるまで49日くらい、必要なのかもしれない。
「表情とか、演技で、本当に可愛く見えたりするんですよ。女優さんのファンになっていく気持ちが分かりました」と、みーやんが云った。
「ダイエットや」
「しつこいなぁ」と僕が云うと、
「当たり前田のクラッカー」とサナエが云った。
「どんだけ、昭和の子どもやねん」と、みーやんが云った。
IMG_3276
「ああ、次は『千人の月見の宴』や」と、サナエが云った。
 僕たちが主催する薪能とジャズのイベントだ。淀川河川公園枚方地区でやる予定だった。協賛桟敷席の販売もまだまだである。どうーするんだ! せんべろ探検隊、ドン! と云いたい。
 サナエの役割は、事務局である。開催日の27日まで、忙しくなりそうだった。
「月見の舞台で『俺はマクベスだ』ってやればええやん」と、僕が云った。
「そんな暇ないやん」と、サナエが不安そうに呟いた。
「今日は、飲もう」と、みーやんが云う。

 『千人の月見の宴』まで、あっという間だ。たぶん。
「せんべろ探検隊って何だろう?」と僕が云うと、
「わかんねーよ」と、サナエが云った。
 うーん、分かんないな。せんべろ探検隊どこへゆく!
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
靖馬(やすま)
住所 京都府京都市中京区河原町通四条上ル米屋町384−3
電話 050ー5868ー3871(予約専用)
   075ー253ー6787
交通 阪急河原町駅4番出口より徒歩1分
   京阪祇園四条駅4番出口より徒歩4分
営業 17時30分から翌1時
定休日 無休
ひとり二千円いかないくらいでした
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」

年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。

【日本全国で巡礼する隊員たち】
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@婚活中 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
      隊員 アラピー@キャンプ命
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
土佐せんべろ隊長 エツコ@パラダイス

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

四条『SABAR』(京都)女優サナエ初舞台、サバー再び。

開演、1時間前のサバー。IMG_3203

「サバーで飲んでる」と、みーやんからメールが入った。
 サナエが出演する舞台まで、あと1時間。サバーなら、会場のKAIKAと道路を挟んで向かいだ。腹ごしらえに丁度いい。

 ガラガラと、立て付けの悪いドアを開けると、床に砂利と飛び石が敷いてある土間に出た。店は、その奥にあるようだ。窓ガラスに鯖街道とか、ようこそ鯖屋敷へとか、鯖に情熱を、とか書いてある。小道具たちが、それぞれ演じながら、客を迎えてくれる。ここも劇場なんだな、と僕は思った。
「ご予約ですか?」と、女性店員が僕を見て云った。
「友人と待ち合わせなんです」
 そう云うと、二階でお待ちになってます。と、案内してくれた。新撰組が襲撃した池田屋の階段落ちに出てきそうな、急な階段を登ると二階である。
 登ってすぐ左の座敷に、みーやんが座っていた。
IMG_3231
「ここ、予約じゃないと、なかなか入れないみたいなんです」
 僕を見つけると、みーやんが云った。
 みーやんの後ろは床の間で、天井には古い電球が煌々と部屋を照らしている。
「直前にキャンセルが出たらしく、たまたま、席が取れたんです」
「せんべろ屋じゃないんだ」
「ちょっと、なめてました」
 そう云うと、みーやんは生ビールを美味しそうに飲んだ。
 僕は、冷酒と鯖寿司を頼む。
IMG_3214
「サナエは、大丈夫?」と僕が云うと、
「こっちが、どきどきしますね」と云うと、みーやんも冷酒を注文した。
 メニュー鯖ばかりだ。僕は、
いぶりがっこととろさばの燻製チーズを頼んだ。
「来月は、千人の月見の宴だね」と、僕が云った。
「あっという間ですよ。舞台も気づいたら、50分後ですもん」
「せんべろ屋の月見店長を探さないとね」と、僕が云った。
「当日、俺らは忙しいですからねぇ」
「ノダさんが、やってくれたら良かったんだけど」
「急に、亡くなってしまいましたね」と、声を落としてみーやんが云った。
 せんべろ屋の店長を引き受けてくれるノダさんが、先日、お亡くなりになり、僕たちは、ずいぶん驚いている。一期一会が、身にしみていた。
IMG_3220
 いぶりがっこと燻製チーズが来た。旨い。
「いぶりがっこと、とろさばの油が絶妙ですね」と、みーやんが云った。
 みーやんが料理について語るのは珍しい。いぶりがっこは、いぶりがっこ、鯖は鯖、チーズはチーズ、となっていない。みーやんの云うように絶妙に調和した、一皿だと思う。
「ここは、せんべろ屋じゃないですけど、俺は安いと思います」と、みーやんが云った。
「鯖寿司って、醤油で食べるのが好きなんだ。たまに店の人に、食べ方を指定されたりするけど。いづうさんとか」と、僕が云った。
「そのままでいけそうですよ」
 そう云うと、みーやんは鯖寿司をつまんでパクリと食べた。ああ、旨いです。と、頬張りながら云う。
 僕は、醤油をたらしていただく。
 小幸福である。
IMG_3224
 開演時間が迫っていた。
「サナエさん、うまく台詞云えるかな?」と、みーやんが云った。
 無理やろう。たぶん浮いてる。でも、それもいい。
 芝居もイベントもせんべろ探検も、一期一会なんだもの。おおし。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SABAR 京都烏丸店 サバー
住所 京都府京都市下京区高辻通新町西入堀之内町287
電話 050ー5571ー3879(予約専用)
   075ー754ー8738(お問い合わせ)
交通 京都市営地下鉄四条駅から役5分
営業 11時38分から14時(ランチ)
   17時から23時38分(ディナー)
定休日 日・祝
ひとり、4千円くらい。でも、安いと感じました。いい店です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち。

大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@婚活中 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
土佐せんべろ隊長 エツコ@パラダイス

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一
 

四条『SABAR』(京都)鯖、鯖、鯖。

余程、鯖好き?IMG_5329

 友だちと「サバーに行こう」と話していた店『SABAR』が、芝居の稽古場の前にあることには気づいていた。
 稽古まで時間がある。小腹も空いている。そこにサバーがある。
 サナエは、サクッとひとりサバーすることにした。

 サバーは京都の町屋のような店構えだ。
 サナエは、店員に土間のような席に案内された。
 隣に、カップルが一組食事をしていた。なんと云うか、太った男女のカップルである。女の子はヒラヒラした白いワンピースを着ていた。男は、伊集院光を長髪にした感じ。ジーンズにカーキ色のTシャツを着ていた。腕時計は、白いGショックだ。
 どちらも、なんと云うかイケてない。
IMG_5328
「生ビールを」とサナエが云うと、
「とりあえずは、泡にしませんか?」と、男の店員がすすめた。
 テーブルに『生を卒業。とりあえず泡』と、書いてあるメニューがある。なるほどと思い、サナエは、スパークリング・ワインを頼んだ。
 メニューは、鯖、鯖、鯖。鯖ばかり。ここまで、鯖にこだわっているのが面白いと、サナエは思った。でも泡は、鯖に合うのか?
IMG_5331
「俺をカレシだと思って話しかけてこいよ」
「えー、私、男の人と話すのが苦手なんです」
「結婚したいんやろ?」
「はい」
「俺は、オマエの味方や。安心して、恋愛の相手になったるよ」
「私、片思いばかりで・・・」
「もっと、自信持って」
「自信なんてありません」と云い、彼女は胸の前で小さく手を振った。
 おいおい、伊集院、おまえは恋愛って柄じゃないだろ。と、突っ込みたくなる。 女の子も、ちょっとなぁ。
 サナエはスパークリング・ワインを傾けて、隣の会話に耳を傾けた。
 えーっと、ついね。
「今は、オマエが俺のオンナと思って話してんねんで」
「嘘」
「ほんまやて」
 太った男は、髪をかき上げながら云った。
「嘘つき」
 と、フリフリのハンカチを口にあてて彼女が笑う。
 おいおいおいおい。どんだけ会話が二の線なんだよ。ラジオドラマなら許すが、映像はいらん。
IMG_5333
 突き出しは、鯖寿司だった。
 サナエは、泡をひとくち飲んで、鯖寿司を食べてみた。あら、美味しいじゃない。
 鞄の中から、初舞台のチラシを出してみる。
 あと、3日か・・・。台詞が、うまく云えるかどうかも不安である。
 恋愛ドラマが、横で続いている。
「好きになったらどうしよう」
「今だけやで」
「意地悪なのね」
「兄弟はおるん?」
「私、ひとりっこ」
「俺は、ふたり兄妹や。年子の妹が東京におるんや」
 あまり親しくないらしい。まだ、自己紹介の段階のようだった。
 この娘は、結婚したいのか・・・。でも、こいつじゃないだろう。
 あたしだって、人のことはいえないな。と、サナエは思った。実は、最近、見合いをしたばかりなのだ。
 うまくいかねーけど。
IMG_5330
 蒸した鯖料理が来た。
 こんだけ鯖、鯖だと、青い魚に含まれるDHAで、頭が良くなりそうだ。本番までに、少しは頭がよくなるのだろうか・・・。
 後、3日しかない。いや、後、3日ある。

 この鯖を食べたら、稽古場へ行こう。結婚もしよう。
 今日こそ、灰皿や椅子が飛んでくるかもしれない。サナエはそう思うと、逆に闘志がわいてくるのだった。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SABAR 京都烏丸店 サバー
住所 京都府京都市下京区高辻通新町西入堀之内町287
電話 050ー5571ー3879(予約専用)
   075ー754ー8738(お問い合わせ)
交通 京都市営地下鉄四条駅から役5分
営業 11時38分から14時(ランチ)
   17時から23時38分(ディナー)
定休日 日・祝
二千円いかないくらいでした。営業時間まで、38サバーなんだね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち。

大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@婚活中 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

四条『ぴん』(京都)玉置浩二のサバカレー。

南海ファンの家?IMG_5271

 今日は、舞台の稽古である。
 一度、舞台女優をやってみたい、とオーディションを受け採用された劇団『ユニット美人』の練習だった。
 分厚い台本が届いたときは、どうやって覚えるんだ、と慌てたけど、サナエはなんとか頭に入れ、下京区にある稽古場に向かっていた。高校時代、古典が2だったし、暗記が苦手だった。祇園精舎の鐘の声も、春はあけぼのも、怪しい。

 とはいえ、今夜は軽く見学だけらしい。
 稽古まで時間があるから、ちょいとビールでも飲みながら食事をしよう。と、サナエは余裕を見せていた。
 折角だからと、練習時間まで京都せんべろ探検である。
 丁度、お腹も空いている。
 蕎麦屋とかラーメン屋は、パスだ。敷居が高そうな割烹も違う。サナエは、記事になりそうなせんべろ屋を物色していた。
 『ぴん』という立ち飲み屋があった。
 一番という意味だろうか? 南海ホークスの家、と看板に書いてある。なんで京都なのに南海ホークス? 店内で、あぶさんとか、岩田鉄五郎あたりが飲んでいるのだろうか? 実に、興味深い、と
 サナエは『ぴん』に入ることにした。
IMG_5270
 カウンターから、
「いらっしゃい」と、愛想のよさそうな店主の声がかかった。
 テレビが3台ある。それぞれ違う野球の試合を流している。
 セリーグ、パリーグ、女子プロ野球チームの試合だ。飲んでる客も、それぞれ違う試合を観て応援しているようだった。
 千円で飲めるお馴染みのセットを見つけ、サナエは注文した。ビールに焼き鳥に串揚げに枝豆にキャベツまでついて、なにげにお得である。

「南海ホークスファンの店なんですか?」とサナエが訊くと、
「こんな店なかなかないやろ」と、店主が云った。
「阪神ファンの店なら、大阪にいくつかあったよ」
「ここは、野球ファンの店や。そんな店は珍しいで」
 そう云うと、ほい、と泡だった生ビールを手渡してくれた。
IMG_5277
 見覚えのある缶詰があった。
 サバカレーである。確か、玉置浩二が野球のコーチをやっていた『コーチ』というドラマに出ていたヤツだ。
 まだ、あったのか。と、サナエは思った。
「野球ドラマの缶詰だよね」
「レアもんやで」
IMG_5276
 そう云うと、焼き鳥をトンとサナエの前に置いた。ひとくち食べてみると、意外と旨い。やるなおやじ。
「空気を読めない玉置浩二が、缶詰工場を立て直す話しだったような」と、サナエが云った。
「野球ってのがいい」と、店主が云った。
「主題歌の田園は、ヒットしたなぁ」
 90万枚売れた、玉置浩二の最大ヒット曲である。浅野温子も出てたな。懐かしい。
 サナエは、ビールを飲み、枝豆を食べた。時々、よっしゃ行ったれ!! とか、あー・・・、とか、拍手とかが、店内に響く。それぞれ違う星で応援している客たちが可笑しい。
IMG_5281
 稽古場『KAIKA』に着くと、劇団員が集まっていた。
 サナエが出演する日替わりマクベスは、マクベスの役が毎日変わる。
 今日は、違う役者の見学だからいいのだ。と安心していると、
「初めから」と、演出のクロキがサナエに云った。
 え、やるの? 飲んでるのに?

 冒頭の長台詞から、オタオタと演じるしかなかった。8の段がうろ覚えの小学生が、先生の前で九九を暗唱する感じである。
 本番の29日まで、何日もない。大丈夫なのか、あたし、とサナエは思いながら、稽古をするのであった。でも、みんな、観に来てね。
<取材 サナエ@婚活中 記事 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ぴん
住所 京都府京都市下京区仏光寺通室町東入ル釘隠町232
電話 075−344−8370
交通 地下鉄四条駅(6番出口)から徒歩3分
営業 17時から23時
定休日 日・祝
千円セットなので、千円。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち。

大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@婚活中 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女優、サナエ誕生。
せんべろ隊員、8月29日にマクベス出演決定だ。

ユニット美人は8月に結成10年を迎えます。そして劇団衛星はこの6月に結成20年!そんなわけで記念公演をいたします。劇団衛星×ユニット美人の競演です。乞うご期待!


『となりのヒロインたちと敵討ち』
UNder ITself, Beat It, Joy In Neighbors


日程
 2015年
  8月 27日(木)20:00衛星☆
    28日(金)20:00美人☆
    29日(土)11:00美人/14:00衛星/17:00衛星/20:00美人
    30日(日)11:00衛星/14:00美人/17:00衛星/20:00美人
    31日(月)休演
  9月 1日(火)14:00美人★/20:00衛星
    2日(水)14:00衛星★
 ※時間をクリックするとPeatixの販売サイトに飛びます(☆は初回割引、★は平日マチネ割引あり!)

会場
 KAIKA

出演
黒木陽子 紙本明子
是常祐美(シバイシマイ) 村井春奈(何色何番)

友情出演

8月28日20:00 丹下真寿美
8月29日&30日  小林まゆみ(KAIKA劇団 会華*開可)
9月1日14:00 朝平陽子

日替わりマクベス

8月28日20:00 はなみ
8月29日11:00 岸浩子(劇団にのいち)
8月29日20:00 広瀬早苗
8月30日14:00 西木達夫(大人の演劇部)
8月30日20:00 えみりー(劇団月光斜)
9月 1日14:00 ままれ

料金
 1プログラム  一般¥2300 学生¥2000
 衛星+美人セット 一般¥3600  学生¥3000
 (その他ペア割・トリオ割実施予定!)

http://www.eisei.info/20th/src/index2.html

お問い合わせ

劇団衛星
Tel:075-353-1660(平日10~18時/公演期間中は毎日10~21時)
E-Mail:eisei★eisei.info(★を@に変えてください)
http://www.eisei.info/20th/

主催:劇団衛星 ユニット美人 NPO法人フリンジシアタープロジェクト made in KAIKA

四条『矢尾定』(京都)大船鉾と祇園後祭り。

こんなせんべろも、ある。IMG_2091

 祇園祭りは、7月14日から16日だと思っていた。
 梅雨も明けない蒸し暑い日のお祭りというイメージである。実際は、7月1日から1ヶ月続く祭りなのだそうだ。
 この時期、京都は華やぐ。

 最近、後祭りが復活したらしい。
 7月21日から23日に行われる山鉾巡行である。
 京都での打ち合わせが終わり、たまたま新町通を歩いていると『大船鉾』に出くわした。
大船鉾は、応仁の乱で焼失し、その後何度も再建されては焼失したという。目の前にある大船鉾は、150年ぶりに復活した鉾だそうだ。
 生憎の雨であり、大船鉾はカッパを着ていた。

 打ち合わせには、佐々木と来ていた。
 丁度、昼時でどこかでランチでもと、僕たちが店を探していた時のことである。
 「After celeblationやな」と、大船鉾を見上げながら佐々木が云った。
「なんやそれ」
「後の祭りや」
「そういう意味じゃないだろう」
「前祭りは豪華絢爛やけど、後祭りは山鉾も少なくて寂しいわけや。前祭りを見逃した人が、せめて後祭りでも。から来て、時期を逃して用を成さないこと。By 広辞苑や」と、佐々木が云った。
IMG_2094
 『矢尾定』という、定食屋を見つけた。
 いい感じの京町屋の店である。
 客がまばらの店に入り席に着くと、格子戸から人が行き来する様子がうかがえた。京都らしさの演出がいい。
 僕たちがメニューを見ていると、
 「矢尾定オリジナルの『大船鉾』がおすすめです」と、女性店員が云った。
 720mlで二千円である。ふたりで飲めば、せんべろではないか。
「飲みきれなければ、お持ち帰りいただけますよって」と、背中を押され「そうどすか」と頼んでみた。
「伏見の酒蔵で松本はんに作ってもろてます」と、店員が一杯目を注いでくれた。
 キリッと冷えた純米酒である。
 ランチはと云うと、どれも突き出しのようにチョコチョコと盛った皿が並んでいた。せんべろ的ではないか。
IMG_2080
「この後、俺は研究室に戻るけど、ここは飲んどこう」と、佐々木は杯を重ねた。
「千人の月見の宴まで、後、2ヶ月くらいだ」と、僕が云った。
 9月27日に企画している、僕たちのお祭りである。佐々木は、月見の宴を手伝ってくれる。
「まぁ、飲め」と、佐々木が酒を注いでくれた。
「雨も心配だ」と、僕が云うと、
「まぁ、飲め」と、佐々木が云った。
「いい飲みっぷりですね」と、隣に座っていた老夫婦のご主人が云った。
 こりゃどうも、と僕は挨拶をする。
IMG_2087
「壁に掛かっているのは何だろう?」と佐々木に尋ねると、
「粽(ちまき)ですよ」と、隣のご主人が教えてくれた。
 祇園祭りの名物のひとつで、笹の葉で作られた疫病・災難除けのお守りらしい。
 もともと、下水道も上水道もなかった高温多湿の京都で、感染症や病気が多発したことを鎮めるためという意味合いが、祇園祭りにはあったらしい。
 ご主人が詳しくレクチャーしてくれた。
「勉強になります」と、佐々木が云った。
 真夏の京都は、本当に蒸し暑い。なんだって、腐りそうである。
 いまでも粽を壁に掛けて祈る気持ちは、分かるというものだ。
IMG_2084
 祭りの時期の京都は、どこか華やいでいた。
 冷酒を飲みながら、僕は月見の宴のことをぼんやりと考えていた。僕たちの祭りは、これからである。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ごはん処 矢尾定(やおさだ)
住所 京都府京都市下京区新町綾小路上ル四条町361
電話 075−351−3518(お問い合わせ用)
交通 阪急烏丸駅、地下鉄四条駅から徒歩4分
営業 11時30分から20時30分
定休日 水曜日
ひとり1700円でした。こんなせんべろもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち。

大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@婚活中 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一
 
ブログ村ランク
日本ぶろぐ村でもせんべろ
ライブドアランキングに参加しています。
ライブドアでも、せんべろ
僕のプロフィール