行け! せんべろ探検隊。

千円でべろべろに酔える店を彷徨う、せんべろ探検隊ストーリーです。探検隊だから、時には、危険なまんべろも。いざ、せんべろ劇場へ! まぐまぐで、メールマガジンを発行してます。ほぼ週末に人気記事を発送してます。

千円でべろべろに酔える店を彷徨う、せんべろ探検隊ストーリーです。探検隊だから、時には、危険なまんべろも。いざ、せんべろ劇場へ! まぐまぐで、メールマガジンを発行してます。ほぼ週末に人気記事を発送してます。

せんべろ手帖

香里園『鶏おう』(大阪)幽霊チサトのやり残し。

せんべろ手帳。IMG_1919

 僕がパソコンをパタパタと叩いていると、ガタっと階下で音がした。
 いつものように猫がサッシを開けてくれと云ってるのかな、と、僕は仕事を中断して、下に降りてみた。
 ガサイレと僕が呼ぶ猫が、たまに音をたてるのだ。
 シンと静まりかえったリビングには、誰もいない。
「誰かいる?」と、僕は独り言のように声をかけた。
「こんばんは」
 声のする方を見ると、チサトがキッチンのテーブルに座っていた。
 リボンのついたベージュのフェルトハッとをかぶり、紺のジャケットを着ている。
 ガタっと、また、音がした。
「猫が来てるみたいよ」と、チサトが云った。
「ガサイレだよ。きっとお腹が減ってるんだ」
「飼い猫?」
「ガサイレは、ハシイさんとこの猫だよ」
 僕は、冷蔵庫からチクワを一本出して、縁側に来ているガサイレにあげた。ガサイレは、チクワを咥えるとどこかへ消えてしまった。
「なんで、ここにいるんだ」
「まだ、やりたりないんだよ」

「葬式に行ったよ」
 チサトは、一ヶ月前に死んでいた。聞くところによると、アルバイトの昼休みが終わったら、倒れて息をしていなかったらしい。死因は、不明だという。
 眠っているような、今にも起きてきそうな死に顔をしていたのを覚えている。自分が死んだことに気づいていないように・・・。
「なんで怖がらないの?」
「キッチンに座って『こんにちは、猫が来てるみたいよ』って、自然に云われたら怖がる間もないよ」
 足だってあるし、幽霊のように見えなかった。
「成仏ってやつは、しないの?」
「知らないわ」
「やり残したことがあるとか?」
「そうねぇ、まず、飲みに行こう
IMG_1929
 チサトが宮崎地鶏に来たことがない、というので『鶏おう』に行くことにした。
 やり残したことが、宮崎地鶏に行くこととは思えないけど、やり残した幽霊がそう云うのだから仕方が無い。
「僕以外の人には、見えないの?」
「店に行けば分かるんじゃない」
 そういうものかと思い、一緒に、店に入ってみた。
「お一人様ですか?」と、店員が云った。
「やっぱり見えないんだ」
「え? どうしました?」と、店員が云った。
 チサトはさっさと、空いてる席に座っている。
「もう一人くるから、ここで」と僕は云い、チサトの前に座った。
「なんか変な感じだ」
「宮崎だから、芋焼酎ね。それと、鳥刺し」と、チサトが云った。
 幽霊が食べられると思えないけど、芋焼酎ふたつと鳥刺しを注文した。
 芋ロックが来た。
「陰膳ってやつだな」と、僕が云うと
「何それ?」と、チサトが焼酎を一口飲んで云った。
「手品みたいだな。他の人には、どう見えてるんだろう」
「どうでも、いいじゃない」
 鳥刺しもぱくぱくと食べている。鳥刺しの幽霊(みたいなもの)を食べているのかもしれない。チサトが食べても鳥刺しは減らないみたいだから・・・。うまくは云えないけど。
IMG_1928
「せんべろ手帳ってのを作ろうって計画してたやんか。あたしの企画書も、とまってるでしょ。きっと、それがいけないんだわ」
 そーなのか?
 お代わりちょうだい。と、チサトが云うと女の子の店員が振り向いた。僕以外の人が、チサトに反応するのが妙だったが、霊感の強い店員なのかもしれない。
「芋ロック下さい」
 僕が繰り返すと店員が怪訝な顔をした。
 誰もいない席で、僕が独り言を呟いて、二人分頼んでる。端から見ると気味悪いんじゃないか。

「幽霊の客に慣れてないみたいやね」
「誰だって慣れてないよ」
「事務所で気が済むまで、仕事の続きをしたい」
「そーすれば成仏するのか?」
「知らないわよ」
 そう云うと、チサトは芋ロック(の霊)を飲み干した。
「あたし海外旅行にも行ってないし、ゴルフもしてないし」
「それ全部しないと成仏できないなら、世の中、幽霊だらけだ」
「そうねぇ、あたしって変わった幽霊?」
 鳥刺しが来ると、チサトがさっと箸をつけた。
「美味しいわよ」

「お連れ様は、来られそうですか?」と、店員が訊いた。
「もう、来てるし」と、チサトが云った。
「来ないようです。これを飲んだら帰ります」
「なんか、そこに誰かいるようで・・・。すみません、変なこといって」
 分かる人もいるんだ。さっさと帰った方がよさそうだった。
「ロックお代わり」と、チサトが云った。
 酔っているようだった。幽霊も酔うらしい。
「芋お代わりですね」と、店員が云った。

「あー、そーです」と、僕が云った。彼女には、聞こえているんだ。
「ややこしいから黙っててくれ」と、僕はチサトに云った。
「すみません」と、店員がなぜかオドオドと謝った。
 面倒なことが始まりそうな気がしていた。
「もう、一軒行こう」と、チサトが先に外にでて僕を呼んでいた。幽霊に取り憑かれが男が死んでしまう牡丹灯籠を、僕は思い出していた。
 大丈夫なんだろうか? 俺。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鶏おう
住所 大阪府寝屋川市香里新町7ー3
電話 072ー835ー3370
交通 京阪本線香里園駅から徒歩2分
営業 17時から翌1時(月から木・日) 17時から翌2時(金・土・祝日前)
定休日 不定休
ひとり? 二千円くらいでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
【全国で活躍するせんべろ隊員たち】
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@元女優 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab なるみ@おかえり
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
         沙也加@すくもー 乾@八尾YEG トモコ@吹田YEG
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
      隊員 アラピー@キャンプ命
土浦せんべろ隊長 ススム@ミック
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ! ユウシ@会津YEG
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命 弓子@キャベツ千切り
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
土佐せんべろ隊長 エツコ@パラダイス

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

枚方『サイゼリア』(大阪)せんべろ的イタリアン。

夢のせんべろ手帖。IMG_1501

 行きつけのサイゼリアってのも、なんだか変だ。
 行きつけのローソン。とも、行きつけの吉野家とも云わないと思う。チェーン店って『行きつけの』とは、なぜか云わないけど、サイゼリアは断然、僕の行きつけである。

「今日も、おひとりですか」と、案内の女性店員が云った。
 ほら、行きつけっぽい会話でしょう?
「後から、ふたり来るんだ。コンセントのある席がいいな」
 ノートパソコンをパタパタと打ちながらの食事したい。
 彼女は、窓際の席に案内してくれた。まだ、昼前なので店内は空いている。パスタを食べているサラリーマンがふたりいるだけだった。

 僕は席に着くと、ヴェルデッキオとミニフィセルを注文した。グラスは3つだ。みーやん隊員とさなえ隊員は、後から来る。
 今日はぜんべろ会議なのである。
 霜が降りたワイングラスに、ヴェルデッキオを注ぐ。元々、安いイタリアのワインだけど、フルボトルを1000円で売るサイゼリアは、エライ!
 ヴェルデッキオは、2000円はしないワインなんだけどね。
 ワインのウンチクを語る人たちには向かないけれど、キリッと冷やすと、とても旨い。小幸福である。せんべろワインなのに、心が豊かになれる。
IMG_1949
 さらに焼きたてのミニフィセルにオリーブオイルをつけて食べると、気持ちはセレブだ。
 サイゼリアは、ワインにチカラを入れているのだろう。僕は、そう思う。
 ずいぶん前だけど、立派なワインリストがあったり、アンティパストやハードチーズ、カントッチョなんかも出していた。
 ワイン飲んでください。という品揃えである。ピクルスも、ちゃんと旨かった。
 その頃の僕は、サイゼリアファンであった。
 ところが、僕が注文するメニューがどんどん消えていったのである。サイゼリアでは、僕は少数派だったらしい。
「すみません。もうなくなってしまって、少しだけ残ってますから、メニューにはないけどお出ししますね」と、店員に云われたことがある(確か、寝屋川のサイゼリアだったと思う)。
 ワインなしでイタメシが食えるか! どん! という僕には、さびしいのだ。
IMG_1954
「ランチパスポートって知ってる?」と、みーやんが云った。
 みーやんはいつもスーツを着ている。家に帰ったら、部屋着のスーツに着替え、寝るときは、パジャマのスーツに着替えるに違いないのだ。
「ワンコインで、ランチ食べれる本やろ」と、さなえが云った。
 珍しくスカートをはいている。シンプルな紺色のシャツに、クリーム色のヒールである。さなえは、とりあえずビールを飲んでいる。
「せんべろ探検にも、そんなのあったらええなぁ。安く飲めるし」と、みーやんは云った。
「千円で本を買ったら、千円でべろべろになれるわけだ。本を片手に梯子やな」と、僕が云った。3軒梯子しても、3千円である。
「せんべろ手帖ってのは、どう?」と、さなえが続けた。
 そいつはいい。
 と、珍しく意見が一致する。夢の『せんべろ手帖』である。
「でも、どこで買うたらええねん?」と、みーやんが云った。
「なければ、あたしたちで、作ればええやん」と、さなえがビールを飲み干して云った。
 でも、どうやって?
 せんべろ会議は続く。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サイゼリア枚方市役所前店
住所 大阪府枚方市岡東町8−6 現代枚方駅前ビル2F
電話 050−5589−1854(予約専用)
   072−804−9061(お問い合わせ専用)
交通 京阪本線枚方市駅中央口より徒歩3分
営業 10時から23時
定休日 無休
ひとり千円くらいでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち。
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中 みーやん@ギタリスト えま@野菜ソムリエ
         かおりん@シャンボール
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一
ブログ村ランク
日本ぶろぐ村でもせんべろ
ライブドアランキングに参加しています。
ライブドアでも、せんべろ
僕のプロフィール