行け! せんべろ探検隊。

千円でべろべろに酔える店を彷徨う、せんべろ探検隊ストーリーです。探検隊だから、時には、危険なまんべろも。いざ、せんべろ劇場へ! まぐまぐで、メールマガジンを発行してます。ほぼ週末に人気記事を発送してます。

千円でべろべろに酔える店を彷徨う、せんべろ探検隊ストーリーです。探検隊だから、時には、危険なまんべろも。いざ、せんべろ劇場へ! まぐまぐで、メールマガジンを発行してます。ほぼ週末に人気記事を発送してます。

2015年06月

寝屋川『燻製Ber 一燈』(大阪)占うオンナ。

不思議なせんべろもある。IMG_1598

 寝屋川駅で降りて、ウロウロ歩いていると心ひかれる店を見つけた。せんべろには、勘とか匂いが大切なのだ。
 空を見上げると月が出ていた。初夏の心地いい夜のことである。

 狭い階段を上がると踊り場に『いっとう』と、殴り書きをした看板があった。そうそう、こんな店を探していたんだ。
 年期の入った扉を開けると、燻製の香がした。
『いっとう』は、燻製バーなのである。
 この香にはビールかな? とか思ったけど、麦ロックを頼む。
「初めて?」と、マスターがお皿に盛った突き出しを渡してくれた。
 ずいぶん大盛りの突き出しである。枝豆を食べてみると、燻製にしてあった。初めて食べる味である。大人になって、初めて口にする食べ物に出会うと嬉しい。
IMG_1612
「この店は、バルで見つけてん」と、隣に座っていた女の子が云った。寝屋川バルというイベントがあったらしい。細身のブラック・ジーンズに赤いコンバースをはいている。シンプルな半袖の白シャツを着ていた。
 彼女はひとりでビールとジャーキーの燻製を食べていた。
「燻製した枝豆美味しいでしょう?」と、枝豆を口に運びながら彼女が云った。
「バルは友だちと?」
「そう、3人でまわってん。おもろかったで」
IMG_1610
「占ってあげるよ」と彼女は突然云うと、カバンからタロットカードを出した。
 え? と思ったけど、当然、やってもらう。だって楽しいじゃないか。
 彼女は、酔っている。表情はしっかりしていたけど、かなり。

 狭いカウンターにカードを散らすと「手でクルクル回して」と、彼女は云った。
 僕はその通りにする。クルクルクルクル。
「ふーん」と、カードを並べながら彼女は云った。
 なんだか不安である。僕は、ビールを注文した。
「なんにも動いてない」
 カードをめくりながら彼女は云った。
「なんにもしてへんでしょう?」
 言葉が突き刺さった。最近、ルーティーンワークをこなしているだけだなと、感じていたからだ。
「変化の必要性」と、彼女は手帳に書いてビリッと破いて、僕に渡してくれた。丸い優しい字だ。
 マスターは、忙しそうに洗い物をしている。カップルがふたり店に入ってカウンターに座った。楽しそうにメニューを見ながら話しをしている。
「ありがとう」と云うと、彼女はカードをカバンにしまった。
IMG_1600
「また会うと思うよ、きっと」と云い残して、彼女は料金を払いドアから出て行った。
 帰り道、変化の必要性について、僕は頭から離れなかった。
 変化の必要性かぁ。また、会うと思うよ、かぁ。きっとなのかぁ。

燻製Ber 一燈
住所 大阪府寝屋川市八坂町16−15 白鳳ビル2F
交通 京阪本線寝屋川駅から北へ徒歩2分
営業 19時〜
定休日 日曜日

10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@上々颱風
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!

浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

枚方『屋台 キラク』(大阪)猫の駅長、猫の客。

猫客のいる屋台でせんべろなのだ。IMG_1548

 和歌山電鉄『貴志駅』の三毛猫駅長たまが、22日に亡くなった。社葬の様子を中東テレビ局アルジャジーラが報じたというから、たまの人望(猫望?)がうかがえる。あちらに行っても可愛がってもらってほしい(駅長の帽子をかぶった、たま可愛かったですね)。

 枚方市駅のロータリーにある『屋台 キラク』にも、猫がいる。こちらは駅長というより客である。
 焼き鳥のいい匂いをかぎつけ、ちょいと寄っていこうか、と来るのだろう。匂いにつたれた僕たちも猫と同じである。僕は、丸くなって寝ている猫客を見ながらビールを飲むのが好きだった。

 今日もいるかな。と、久しぶりにキラクに来てみた。
 猫客は不在のようで、僕は飲みながら待つことにした。
初夏の涼しい夜だった。店から溢れるほど人間の客で一杯である。僕は、生ビールと『すじどて』を注文した。
IMG_1552
「わし20年以上通ってるねん。にーちゃん初めてか?」と、競馬新聞をサカナに焼酎を飲んでいるおじさんが話しかけてきた。
「キラクに来たら焼き鳥食わな。わしは先代からの焼き鳥ファンやねん。わしは食べきれへんから、にーちゃんも食べて」と云うと、おじさんが焼き鳥を注文した。
棚の上のテレビが、音のないバラエティー番組を流していた。
IMG_1555
 ドンっと、お皿に4本盛ってある。食べ応えのある焼き鳥だった。いただくとたしかに癖になる味である。タマネギの甘みと鶏がマリアージュなのだ。
「ここの焼きすじは、テレビでも紹介されたんやで」と、女主人が会話に入ってきた。後ろで、ご主人(かも)が、鳥に串をさして焼き始めた。
「俺も焼き鳥」「こっちも」と、他の客からも注文が入った。
「ママも営業できるようになったんや」と、おじさんが云った。女主人が笑う。
 女主人はいかしたアーミージャケットを着ていた。木の実ナナに、どこか似ている(昭和だ)。
IMG_1556
 壁に貼ってある品書きを見ると、屋台名物焼きすじとあった。ずいぶん年季が入ってクシャクシャした品書きだった。それならと、僕は『焼きすじ』を注文した。おじさんにもお裾分けである。
 食べると、旨い。でかい。

「猫が今日はいませんね」と、僕はおじさんに云った。
「せやなぁ。今夜は、客が多いからなぁ」と、おじさんはタバコに火をつけた。
「キラクはええで」
 おじさんはそう云いかけると、焼酎のお代わりをした。
 外にいるのか中なのか分からないキラクである。家なら、縁側で飲んでいる感じだ。時折、入ってくる夜風に初夏の匂いがした。夏は、もうすぐだ。
 そういえば、猫も縁側が好きである。猫も人も、焼き鳥の匂いと縁側的空間に引き寄せられているのかもしれない。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>

屋台 キラク
住所 大阪府枚方市新町1−1−2
交通 枚方市駅から120メートル
営業 18時から23時30分
定休日 日曜日
喫煙 ええで
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@上々颱風
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

北新地『蜂の家』(大阪)キャバ嬢と内田裕也なおジイさん。

新地で寿司でもつまもうか。IMG_4805

「隊長、新地に寿司でもつまみに行きましょう」と、さなえ隊員が云った。
「むっちゃ高いやろ」
「せんべろな店なんです」と、さなえ隊員が云ったので探検しに行くことにした。
「隊長のおごりですよ」
「なんでやねん」と、一応お約束でツッコんどく。

『蜂の家』に着くと、僕たちは生ビールを注文した。とりあえず乾杯である。
隣には、出勤前のキャバ嬢ふたり(たぶん)が、ドリンクを飲みながら寿司をつまんでいた。サラリーマンたちもワイワイ楽しそうである。
「ここの店主って、もと寿司職人だったらしいですよ」と、さなえ隊員が教えてくれた。
なので、鉄火巻きなど頼んでみる。なかなか旨い。回らない寿司を久しぶりに食べた気がする。しかも新地でである。えへん!
IMG_4809
「風俗の娘って、地味だよね」と、僕の隣にいたキラキラハイヒール嬢が云った。つい、耳をそばだててしまう。彼女のフレアスカートから、スラリと脚がのぞいていた。
「分かる分かる。あいつら地味だよ。で、大きなカバン持ってたら絶対そう」と、もうひとりのミニスカワンピース嬢が云った。
チューハイを一口飲むと「おなか空いてるんだ〜」と、ワンピース嬢がマグロを美味しそうに食べた。つけまつげがパタパタと動いている。
「向こうも、うちらをキャバだって思ってるよ」と、きらきらハイヒール嬢が笑う。彼女はウーロン茶だ。

さなえ隊員は、隣のサラリーマンたちと話している。せんべろ屋さんでは、初対面でも仲良くなれる。そこがいい。
「浴衣イベントとか、マジやめてほしいわ」と、ミニスカワンピース嬢が云った。
「3日しかないのに、めんどーだよね〜」
そんな会話をしてる隣に、同伴中のカップルが飲んでいる(おそらく)。キャバ嬢ふたりの会話を聞きながら同伴してて大丈夫なのか、と心配になる。

ふらりと帽子を被った客が入って来た。
金髪で長髪のおジイさんである。赤いアロハを着て夜なのにサングラスをかけている。もはや、内田裕也以外にそんなおジイさんがいるのか、と思えるファッションである。
ユウヤさんですか? などと聞いたらいきなり殴られそうなのでそっとしておく。本人じゃなくても殴られそうなオーラを感じる。
で、ユウヤさんは奥のカウンターにつくと、静かにビールを飲んでいた。
IMG_4807
僕はというと、いつしかキャバ嬢たちの会話に混じっていた。身もふたもないキャバ談義である(夢がなくなる)。
さなえ隊員は、となりのサラリーマンたちと盛り上がっている。いつものように、ドカドカ飲んでいた。ユウヤさんは、依然、寡黙にビールを飲んでいた。
キャバ嬢たちは、出勤なのか「じゃーねー」と、帰って行った。僕も、つい飲んだ。

時計を見ると2時間が過ぎていた。せんべろ店では長い滞在である。
『蜂の家』は、寿司もオイシイけど、客層もオイシイのであった。
<記事 大阪せんべろ探検隊長 紙本櫻士@コピーライター>

蜂の家
住所 大阪府大阪市北区曽根崎新地1−11−16
電話 06−6345−1230
交通 JR東西線北新地駅より徒歩1分
営業 17時から26時30分
定休日 土日・祝日

10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
【せんべろ探検隊員募集中】
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@上々颱風
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!
※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

枚方公園『上田酒店』(大阪)正しい角打3つの条件。

角打とは、なんだ。IMG_1318

その1 店頭で飲む。
 酒屋の店先で、お金を払ってさくっと飲む愛好者は、江戸時代からいたらしい。
その後、第二次世界大戦で一時廃れたらしいけど、高度成長期にピークを迎える。当時は、労働者が小銭を払って、勝手にカウンターで飲む店だった。
ところが最近流行ってるこじゃれた角打では、仕事帰りのOLや若いカップルが、生ビールやハーフアンドハーフ、カクテルなど飲んでたりする(もちろん、それはそれでいいのだ)。
でも、上田酒店は違う。

「今日は、雨降ってるから、仕事にならへん」と、店の冷蔵庫から缶ビールを取ってきて、プシュっとプルタブに指をかけながら地下足袋おじさんが云う。
「最近、よう働いてたから、よろしいがな」と、上田さんがタバコを吸いながら云った。
店のテレビでは、大相撲が流れている。競馬新聞をじっと読むおじさんがいる。
「瓶ビール」と、奥のおじいさんから声がかかった。泥のついたヨレヨレ作業着姿のおじいさんだ。おじいさんも雨で、休みなのかもしれない。
「小瓶でええか?」と、上田さんが冷蔵庫を開けながら云った。
おじいさんは、黙ってうなずいた。

上田酒店は、昔ながらの正しい角打なのだ。客層も正しい。
レジを打ってる店主の横で、客が勝手に飲む。気分は、昭和レトロである。
映画のセットなんじゃないか、と思うくらい店内は見事に昭和だ。小道具、客、店主も、みんないい芝居している。
生ビールを頼むと、店主の上田さんがニコニコ注いでくれるけどね。
そこは、今風なのだ。
IMG_1321
その2 勝手に食べる。
 基本、酒屋なので料理は出せない。店に置いてある缶詰とかソーセージとかを買ってアテにするのだ。
 上田酒店はよく出来ていて、隣が上田食堂だったりする。客は、隣の店からつまみを持ってくればいい。名物のおでんも、食べたいネタを隣から勝手に持ってくるのだ。
 カウンターに持ってくると、上田さんがカラシをトンっと出してくれる。それと、謎のプラスチック券も、そっと置く。どうやら、上田さんは、このプラスチック券で客が何を頼んだのかを計算していると推測される。形も色もまちまちで、値段は不明だ。そもそも、ちゃんとしたメニューもないし、値段もアバウトだ。
IMG_1319
その3 せんべろである。
とにかく安い。
客層もお酒をちょこっと飲みに来るおじさんばかりだ。
カウンターが一杯になると、みんな体を斜めにして飲む。昭和な時代は、そのスタイルをダークダックスと呼んでたらしいけど、さすがに僕も知らなかった。
80年代のシャネルズなら分かるけどね。
EXILEになると、立ち飲み的イメージは、もはやない。
つまり、現在はEXILE的スタンドバーが増えてきて、ダークダックス的角打が消えつつあるのかもしれない。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>

上田酒店
住所 大阪府枚方市伊加賀東町1−21
電話 072−841−2167
交通 枚方公園駅から199メートル。ひらパーの近くだ。
営業 16時から20時30分(月から金)16時から19時(土曜日)
定休日 日曜・祝日
喫煙 ええで
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@上々颱風
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

枚方『このみ』(大阪)わんこせんべろなのだ。

300円、30分勝負だ!IMG_1489

横浜の東白楽にある『たち花』で、わんこそばを食べたことがある。
いつも、電車の窓から眺めていて、一度挑戦しようと思っていた蕎麦屋である。ある時、ふらりと東白楽で降りて食いに行った。

店に入ると客は、僕ひとりだ。
僕は、わんこそばを注文する。お一人様で挑戦である。
着物を着たおねーさんが、横に立ちお椀に次々と蕎麦を入れてくれる。なんか気恥ずかしいのである。
1杯目、お、なかなか旨い。2杯、3杯・・・。
僕は、50杯目くらいで、目から蕎麦が出てくるんじゃないかと思った。もう、無理である。
たしか、100杯を超えないと、記念品がもらえなかった。小学生でも80杯くらい食べるというから驚く。
で、僕はだらしなく、58杯でギブアップだった。

さて、樟葉の『このみ』である。
300円払うと、30分飲み放題だ。ほぼ、わんこせんべろである。東白楽のかたきを、楠葉で打つのか? 蕎麦じゃないけど。
IMG_1494
せんべろ探検隊の挑戦である。
「隊長、俺たちを信じてください」と、みーやん隊員が云う。
「おう! どこまで行けるかだ」
次々と、お酒のお代わりが運ばれてくる。わんこせんべろ万歳と、調子よく飲んでいたけど、
「私はもうだめです。みんな先に行ってください」と、さなえ隊員が弱音を吐いた。さなえ隊員は、目が赤く、焦点が合っていない。
「お前を置き去りにはしないぞ」と、僕はさなえ隊員を励ました。
「隊長!! オレ、もう、眠いです」と、ろれつのまわらない口調でみーやん隊員が云った。
みんな、しっかりしろ!! みーやん眠ったらダメだ。

いいかげん大人になろうと、思いながら、ついつい飲んでしまう。
5杯目からくらくらとし、7杯目で、ぐらぐら。隊員たちは、みなグデングデンのへべれけになっていた。
ああ、いつかは美味しいお酒をゆっくり飲もう。と、誓い合う夜であった。つづくよ。
<記事 大阪せんべろ探検隊長 紙本櫻士@コピーライター>

このみ
住所 大阪府枚方市楠葉花園町14−3 味のれん街
電話 072−850−6391
交通 樟葉駅から95メートル
営業 11時から23時(定食11時から15時)
定休日 なし
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
【せんべろ探検隊員募集中】
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@上々颱風
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!
※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

枚方『天文(てんぶん)』(大阪)俳優・佐々木蔵之介の酒。

『天文』に『天文』IMG_1477

暖簾をくぐると、赤ら顔のおじさんたちで賑わっていた。
僕は、心持ち体を斜めにして入れてもらう。
壁には、安いメニューがずらりと並んでいる。
「おすすめは何ですか?」と、僕は主人に訊いてみた。主人は、忙しそうで聞こえなかったらしい。
「にーちゃん、初めてかいな」と、隣で飲んでいたよれよれのジャージを着たおっさんが、主人のかわりに話しかけてきた。
「前に、一度来たきりで」と、僕が云うと、
「揚げもん旨いで」と、どろりとした目で教えてくれた。
じゃぁ、と、一口カツを頼むことにした。それと、麦のロックだ。

「阪神タイガース、今年は調子ええなぁ」と、おっさんのツレのおばさんがビールを飲みながら云った。ここでも、話題が阪神タイガースである。
大阪の立ち飲み屋さんでの阪神タイガース話題率は、相当高いんじゃないか、と思う。
「このままやったら、絶対、いけるで」と、おばさんの解説が続く。
僕は聞くともなく、酒を飲んでいた。
左側ではキャップをかぶったおじさんが、黙って飲んでいる。時々、カチャカチャとアサリの酒蒸しをつまんでいた。
IMG_1483
「悪いな。一口カツもうちょっと待ってや」と、店主が枝豆を一握りひょいと渡してくれた。おばちゃんが、アメちゃんをくれるみたいにである。
ああ、不思議と心が暖かくなった。
IMG_1481
目の前の『天文』という酒に目が行く。僕は興味を持って、瓶をくるっと回してラベルを読むと、佐々木酒造とある。
確か、俳優・佐々木蔵之介の実家の蔵元だ。枚方は京都に近いから、こんなお酒が置いてあるんだな、と納得する。

「おっさん、胸さわりよったで、千円、この人につけといてや」と、突然、おばさんが云った。
「よっしゃ。了解や」と、店主が威勢よく伝票をつける。
困ったドロ目のおっさんを見て、おばさんがケタケタ笑っていた。
IMG_1485
非日常。という言葉が頭をよぎった。まったく、非日常である。
やっときた一口カツが、やけに旨い。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>

天文
住所 大阪府枚方市楠葉花園町14−1
電話 072−855−1191
交通 樟葉駅から43メートル
営業 14時30分から22時
定休日 日曜日


10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
【せんべろ探検隊員募集中】
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@上々颱風
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

枚方『八幡屋』(大阪)メニューにない、常連キズシ。

昭和の時間が、いまも流れてる。IMG_1315

「にいちゃん、生寿司(キズシ)がええ具合に浸かってるで」
「じゃぁ、それと瓶ビール」
「サッポロでええか」と、パンチパーマの恰幅のいい女主人が、冷蔵庫を開けながら云う。
「ワサビも」と、僕は云った。
「今日も、夜勤かいな」と、生寿司に包丁を入れながら云う。
「さっきまで仕事でした」
確かに、徹夜明けなので夜勤である。

「こんな生寿司やったら、スーパーで安う売ってるで」と、云った女主人は激怒したのを覚えている。
「そんなら、スーパーで安いの買ってくれ!」と、女主人は威勢良く客を追っ払っていた。それほど自慢の生寿司だ。食べてみれば分かる。時々、無性に八幡屋の鯖生寿司が食いたくなるくらいだ。
IMG_1313
八幡屋は、10時半から営業している。
開店と同時にお客さんが来る。年配の方も多く仕事に差し障りがあるわけではなさそうである。むしろ、僕の方がヤバイいんじゃないかと・・・。
IMG_1310
「50年前は、ねーやんも美人やったんやで」と、常連客のジイさんは云う。
そうなの? と、パンチパーマの女主人の顔を見る。額に、そっくりの似顔絵が飾ってあるのを、僕はじっと見た。昭和の漫画『ダメおやじ』の、奥さんを思い出す。たしか古屋三敏の作品である。
「万博の時は、みんな深夜まで騒いでたんやけど、今はおとなしくなったなぁ」と、頭が薄くなった常連のおジイさんが云った。
大阪万国博覧会を、彼は昨日のことのように話すのだ。きっと当時の風景が、見えているのだ。
「なぁ」と、隣のおジイさんの耳元で大声で告げる。
でも、彼は耳が遠いらしく笑っているばかりだった。
「こいつとは、同郷なんや。集団就職で、一緒に大阪へ出てきたんやで」
そう云うと、おジイさんは瓶ビールをお代わりした。
「お前も飲めや」と、友だちの耳元で大声で云い、空になった彼のグラスに注ぐ。
耳の遠いおジイさんと、なんだか分からない会話が続く。とても仲良しなんだろう。聞き取れないときは、おジイさんは笑顔で返事をする。
すごくいい笑顔なんだ。

僕も、こんな風に元気に年をとれたらな。とか思うせんべろであった。メニューにないけど、ここの生寿司はぜひ食べてほしい。

<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>

八幡屋
住所 大阪府枚方市岡本町10−8 ヤワタヤビルディング1F
電話 072−841−2102
交通 京阪電車枚方市駅徒歩3分
営業 10時30分から12時30分 16時30分から19時30分
定休日 日曜日
喫煙 ええで

10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
【せんべろ探検隊員募集中】
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@上々颱風
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

天満『関東煮 権兵衛』(大阪)せんべろ玄人筋の店なのだ。

なぜ、関東煮?IMG_1372

おでんの香につられて、さくっとせんべろである。
赤い暖簾には、大きく『関東煮 権兵衛』とある(今日は蒸すからか、暖簾は上げてました)。
なぜ、関東煮なのか?

聞くところによると、屋台で手軽に食べられる軽食として広まり関西に伝わったからとか、いやいや、関東大震災で避難してきた人が伝えたからとか、いやいやいや広東料理をもじったとか、いやいやいやいや、今となってはどれが正しいのか分からない。まぁ、旨ければそれでいいのだ。
で、権兵衛は、関東煮である。
IMG_1373
関東煮では、牛すじやタコが主役だという。権兵衛でも、主役級の扱いをうけているように思う。串にささった大きなタコが、自慢げにどーんと構えているし、牛すじも、おいおい、おいらを忘れちゃ困るぜ的に主張している。
待った待ったと、どて焼きも隣の鉄板で、大阪やったらどて焼きやで「どや!」と主張している。どれも、旨そうだ。
IMG_1375
まずは、燗酒を注文した。
ご主人がチロリを関東煮の中に、どぼんと突っ込んで温める。
アテは、どて焼きとタコにしよう。
しばらく権兵衛で飲んでいると、入りたそうな顔で、中を伺う人を時折見かけた。素人筋には、なかなか、入りにくい店なのだと思う。

女性ふたりが立ち止まって、心配そうな顔で権兵衛を見ていたので
「どうぞどうぞ」と、つい、調子よく呼び込んでしまう。
「一度、来たかったんですよぉ」と、背の高い30歳前後の女の子が嬉しそうに云った。ヴィトンのバックを持って、ブルージーンズをはいている。
会社帰りにふたりで、天満を探検に来たらしい。
おお! せんべろ探検隊ではないか、と嬉しくなる。
OLふたりが入ると、店はいっぱいになった。熱くパチンコの話をずっと続けているおっさんがいて、帽子を深くかぶって黙ってビールを飲んでいるお爺さんがいて、ディバックを背負った、学生風のにいちゃんがいる。
の中に、若い女の子ふたりが入ると、権兵衛が、ちょっと華やいで見えた。
で、女の子たち話が、燗酒を飲みながら阪神タイガースについてである。
「阪神今年は、勝ってほしいよなぁ」
むむむ、実は彼女らも玄人筋だったのか。
やはり素人さんには、敷居が高い店なのかもしれない。

<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>

関東煮 権兵衛
住所 大阪府大阪市北区池田町6−10
電話 06−6351−4886
交通 JR天満駅から徒歩5分
営業 17時から25時
定休日 不定休
喫煙 ええで

10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
【せんべろ探検隊員募集中】
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@上々颱風
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

天満『炎LAVITA FORNO(エンラヴィータ・フォルノ)』(大阪)せんべろ的イタリアンが流行ってる。

せんべろ売りの少女。IMG_1354

「せんべろは、いりませんか?」
梅雨の合間の、とっぷりと陽が暮れた夜のことでした。
少女はひとりで黒板を持って呼び込みをしていました。
「せんべろは、いりませんか?」

赤いボードには『タイムサービス いまならナント刺身五種盛 100円』と、書かれています。
大きな立て看板には、生ビール、角ハイボール、レモンチューハイ190円と書かれています。
「イタリアンのせんべろです」
少女は、一生懸命、せんべろを売りました。
「せんべろは、いりませんか?」

寂しそうな少女に呼び込まれたら抗いようがない。僕は『エンラヴィータ』に吸い込まれていくのであった。
IMG_1362

「いらっしゃませー!!」と、さっきの女の子がカウンターに案内してくれた。
元気いっぱいである。あれ?
僕が赤ワインを注文すると
「うちのは表面張力ですよー」と、グラスぎりぎりまで注いでくれた。
なんだか嬉しい。
突き出しは大きな海老だ。で、まずはグラスに口をつけて一杯である。
IMG_1366

メニューに、ピザがオール500円とある。
これは、頼まざるを得ないだろう。
海老にかぶりつきながら、ピザが焼き上がるのを待つ。

目の前にある大きな石窯に、シェフがピザ生地を放り込む。炎が、あっという間にピザを包み込んだ。マッチの炎の何千倍、何万倍であろう。たぶん。
IMG_1359
500円のピザは、思ったよりしっかり、旨いのだ。
しばらく石窯の炎をつまみにワインを飲んでると、20人くらいの団体が入ってきた。女性が4,5人、後はスーツを着たサラリーマンだ。
たちまち、厨房も店員たちも大忙しになる。
「今日は、混んでる方?」と、さっきの女の子に訊いた。
「いつもは、こんなもんじゃないっすよ!」と、彼女は忙しそうに云った。

店に入る前に見た、寂しげな印象は、なんだったんだろう?
技なのか? 錯覚なのか? 僕がバカなのか?
石窯があったり、ワインが表面張力だったり、ピザがイケてたり、侮れないぞ『エンラヴィータ』。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
炎LAVITA FORNO  石窯×魚×イタリアン
住所 大阪府大阪市北区天神橋5−2−5
電話 06−4801−8115
交通 JR大阪環状線天満橋駅より徒歩5分
営業 17時から翌1時(月から木)
   17時から翌2時(金)
   16時から翌2時(土・日・祝)
定休日 不定休
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
【せんべろ探検隊員募集中】
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@元上々颱風ベーシスト
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

天満『吉田スヰッチ』(大阪)女子会か。

女性専用車両に間違えて乗る。IMG_1345

これはバツが悪い。
いたたまれなくなり、車両を移ろうかと思うけど、女性をかき分けなければ移動も難しい。
「きゃー!!」などと、叫ばれたら言い逃れもできない。

李下に冠を正さず。瓜田に靴を納れず。である。扉が開くまで、じっと頭を垂れているのが吉だ。

「天満で飲むなら、吉田スヰッチ」と、ギタリスト友人@四方木に教えられふらふら徘徊すると、吉田スヰッチはあった。せんべろ探検隊に地図はいらないのだ。行き当たりばったりである。スキマスイッチが、頭をよぎる。
『吉田スヰッチ』を見つけて、あな、嬉しや。と店に入り、椅子に座ると、店内は女性ばかり。
女性専用車両に駆け込んだ気分である。店員も店主も女性だった。
店内のカウンターに座っている6人全員、若い女性だ。
男子禁制なのか? 
ひょっとすると「天満で飲むなら、吉田スヰッチ」と云った友人は、女性にモテモテになる店だから、行けと云ったのか?
IMG_1350
「男が入っていいのですか?」と、僕は女性店主に訊いた。
「今日は、たまたまです」と、店主が笑う。
ならばとえあえず、焼酎ロックを。

一升瓶を手元に置いて、日本酒を飲んでいる女性が隣に座っていた。
カウンターの一番端っこである。常連客なのかもしれない。
黒いノースリーブのワンピースを着ている。スカートが膝上の可愛らしいカジュアルなワンピースだ。でも、一升瓶が、ドン!!
「その瓶は、キープですか?」と、おそるおそる僕が訊くと、
「わー恥ずかしい。ラベルの写真を撮るために、置いているだけですー」と、教えてくれた。なるほどー。ここは、日本酒が美味しい店らしい。
隣の二人組は、日本酒のテイスティング中だ。三種類の日本酒を並べて飲んでいる。
毎晩、女性客が多いのかと、店主に尋ねると、いつもナイスミドルばかり。今日は、特別な日なの。と、店主が云う。ナイスミドルじゃない僕は、やはり場違いなのだった。
IMG_1348
僕はイワシのヘシコを、注文した。旨い日本酒には、ヘシコなのだ。
酔いが回ってくるに従って、女子会の会話にも馴染んできた。
カレシがどーの。婚活がどうーの。って、やつだ。
女性専用車両だって馴染めば、平気なのかオレ。今宵、楽しである。
いいぢゃないか『吉田スヰッチ』。
<記事 大阪せんべろ探検隊長 紙本櫻士@コピーライター>

吉田スヰッチ
住所 大阪府大阪市北区天神橋5−3−7
電話 06−4792−8893
交通 JR環状線天満橋徒歩4分
営業 17時から24時
定休日 不定休
喫煙 あかん
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
【せんべろ探検隊員募集中】
年齢経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
日本全国で巡礼する隊員たち
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 さなえ@婚活中
      隊員 みーやん@ギタリスト
東京せんべろ隊長 西やん@元上々颱風ベーシスト
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ!
※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一
ブログ村ランク
日本ぶろぐ村でもせんべろ
ライブドアランキングに参加しています。
ライブドアでも、せんべろ
僕のプロフィール