行け! せんべろ探検隊。

千円でべろべろに酔える店を彷徨う、せんべろ探検隊ストーリーです。探検隊だから、時には、危険なまんべろも。いざ、せんべろ劇場へ! まぐまぐで、メールマガジンを発行してます。ほぼ週末に人気記事を発送してます。

千円でべろべろに酔える店を彷徨う、せんべろ探検隊ストーリーです。探検隊だから、時には、危険なまんべろも。いざ、せんべろ劇場へ! まぐまぐで、メールマガジンを発行してます。ほぼ週末に人気記事を発送してます。

難波『グリル南風』(大阪)ランチの女王。

老舗洋食屋でワイン。IMG_4955

 もう、ずいぶん昔だけど、ランチの女王というドラマがあった。確か、フジの月9だったと思う。主演は、竹内結子と江口洋介である。
 ランチが大好きな麦子(竹内)が、ひょんなことから洋食屋『キッチンマカロニ』で、住み込みで働くことになるラブコメディーだ。家族経営の洋食屋で、格好いい男たちに囲まれて物語は進んでいく。
 
 何がいいかって、出てくる下町の洋食屋さんの料理である。もちろん、ストーリーも楽しめるけど、料理が僕には魅力的だった。
 何しろ『ランチの女王』に出てくるキッチンマカロニのレシピが載った本を買ったくらいである。
 ドラマの中で、特にこだわっていたのはデミグラスソースである。親父(若林豪)秘伝のソースだ。
IMG_4961
勇二郎(江口洋介)「普通、普通って言うけど、オマエの言う普通ってのが解らないんだよ」
純三郎(妻夫木聡)「だから、ケチャップのかかったオムライス」
勇二郎「それが普通ねぇ。じゃぁ、オムライスの中に何が入ってる?」
純三郎「そりゃ、チキンライス」
勇二郎「だろ。じゃぁ、そのチキンライスは何色だ?」
純三郎「赤っぽい感じっていうか・・・」
勇二郎「なぜ赤い?」
純三郎「それは、ケチャップを使っているから」
勇二郎「中ですでにケチャップを使っておいて、外側にもケチャップをたらす。それがどうして普通の状態なんだ」
純三郎「そう言われてみれば」
勇二郎「パンツはいてストッキングはいて、その上からパンツはいてるオンナ見たことあるか? 普通はスカートだろう」
純三郎「まぁ・・・」
勇二郎「じゃぁ、ここでスカートに当たるモノは何だ?」
純三郎「デミグラスソースです」
勇二郎「あたり」

 なるほど。と僕も思った。
 でも、僕はケチャップをどばどばかけてしまうなぁ。
IMG_4958
 難波で『グリル南風』という洋食屋を見つけた。
 ランチの女王にでてくる『キッチンマカロニ』を彷彿させる店構えだ。大阪だけどね。店内も、まさに、キッチンマカロニである。
 僕はカウンターに座ってメニューを開いた。
 オムライス、クリームコロッケ、ハンバークなど、僕は少し迷って(迷うのも楽しい)日替わり定食を頼んだ。
 出来るのを待っている間に飲む、赤ワインも。
 常連らしき若い男性が、僕のとなりでビーフサンドを食べていた。ああ、これも食べたいな。とつい思ってしまう。
 カウンターの中では、ご夫婦と思われるふたりが手際よく料理をしていた。奥さんが盛りつける間、旦那さんが揚げ物をしていたり。
 亡くなった母親が、父と初めてデートしたとき、ハムエッグを食べたと言っていたのを思い出した。アルミの皿に乗ったハムエッグを、ナイフとフォークで食べたと言う。
IMG_4964
 ライスが来た。
 使い込まれたアルミ皿に盛られたライスの横に、福新漬けが添えてある。これじゃないと、老舗の洋食屋はいけない。
 日替わり定食も、どん! と大盛りである。
 オムレツにハム、エビフライなどなどが賑やかに並んでいた。
 ワインをひとくち飲んで、まずエビフライにいった。うまく言えないけど昭和の味がする。創業以来変わってないのかもしれない。
IMG_4971
 全部食べたら、きっとお腹いっぱいになるけど、えい! とビーフサンドも頼んでみる。余ったら、包んで貰えばいい。
 せんべろ屋じゃないけど、安くて美味しい洋食でイッパイやるのは、小幸福である。お気に入りの洋食屋を見つけるのもね。
 こんな店が近所にあるといいんだけどなぁ。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
グリル南風
住所 大阪府大阪市中央区西心斎橋2ー7ー4
電話 06ー6211ー2998
交通 地下鉄・近鉄難波駅から徒歩5分
営業 12時から21時(月から土) 12時から14時(日)
千円ちょいでワイン飲みながら楽しめます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
【全国で活躍するせんべろ隊員たち】
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@女優 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab なるみ@おかえり
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
         沙也加@すくもー 乾@八尾YEG トモコ@吹田YEG もーちゃん@トラベラー
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー ナホ@バイオリニスト
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
      隊員 アラピー@キャンプ命
土浦せんべろ隊長 ススム@ミック
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ! ユウシ@会津YEG
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命 弓子@キャベツ千切り
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
土佐せんべろ隊長 エツコ@パラダイス

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

難波『BBQスモーキー』(大阪)能と湯豆腐。

オペラとは違うんやな。IMG_4894

 と、佐々木が云った。
 先日、能楽師・辰巳満次郎氏の新作能『道頓』を観た帰りである。
「大がかりな舞台や演出はないよ。能は、いたってシンプルなんだ」と、僕が云った。
「東京の能楽堂で観たときは、3人で行って、3人とも寝てしまったんや」
「初めてじゃないんだ」
「能の音楽からアルファー波が出てるから、どうしても眠くなる。どこか遠くに連れて行ってくるような。気持ちよかったで」
「道頓はどうだった?」
「新作能は、実に興味深い」と、佐々木が云った。
 『キャベツ玉150円』と、看板を上げている店があった。道頓堀を見ながら飲めるらしい。僕たちは寄ることにした。
 お腹も減っていたしね。
IMG_4910
「春日大社の宮司さんを取材したことがあるんだ」と、僕が云った。
 僕たちがオープンエアの席に座ると若い男の店員が注文を取りに来た。
 風はなかったけど、寒い。冬は、もう、そこまで来ている。
「暖かいものがええな」と、佐々木が店員に云った。
「湯豆腐があります」
「それを」と、佐々木が云った。
 で、とりあえず生ビール2つと、僕は焼きそばを注文した。
「能も湯豆腐も、シンプルなんがミソや」と、佐々木が云った。
「なんで?」
「シンプルやと、美しいし、なにより伝えやすいやんか」
IMG_4921
「春日大社の宮司さんから訊いたんだけど、古代から引き継いでる儀式があるんだそうだ。それを次の後継者に伝える。真っ暗な部屋で、ひとりだけに。その時、何も加えちゃいけないし、簡略にしてもいけない。アレンジするなんてありえない。奈良時代から続く、奈良時代から続く原型がわからなくなるから」
 僕が、春日大社を取材した時のことだ。
「能も同じってことか?」と、佐々木が云った。
 湯豆腐の鍋が来た。店員がコンロに火をつける。
「今夜は冷えるな」と、佐々木が火を見ながら云った。
 僕たちは、ビールで乾杯をした。寒い。熱燗にすべきだったと思う。
IMG_4902
「自由に演じると、原型が解らなくなるんや。だから、昔、昔の日本語に忠実になろうとする。それが、現代人には鑑賞が難しい。麻婆豆腐は、湯豆腐ちゃうし」
 僕は湯豆腐を器に移し、ひとくち食べた。暖かくて美味しい。
 空を見上げると星は見えなかった。大阪の空は明るすぎるんだろう。冷たい風が頬をなでていった。
「ところがや。新作能は、可能性がいっぱいや。なにしろ、自分が観阿弥・世阿弥なんや」
「でも、寝ちゃったんだろう?」
「アルファー波は、流れてたみたいやな」と、佐々木は笑った。
 焼きそばが来た。暖かい食べ物がありがたかった。
IMG_4905
「道頓の亡霊は、今夜、来てただろうか」
 能の最中に、僕は空いている席をちらちらと見ていた。道頓いるかな、と。
「能は連れてくるゆうからな」
 堀川を見下ろす空席に、誰かがいるような気がしていた。
 ふと、安井道頓はんでっか?
 連れてきたのかもしれない。
 と、ビールを飲みながら誰もいない席を、僕はしばらく眺めていた。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
BBQ SMOKY(スモーキー)
住所 大阪府大阪市浪速区湊町1ー1ー31
電話 06ー6644ー0538
交通 なんば駅より徒歩5分
営業 16時から翌2時(月から木・日) 16時から翌4時(金・土)
定休日 無休
千円ちょっとでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
【全国で活躍するせんべろ隊員たち】
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@女優 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab なるみ@おかえり
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
         沙也加@すくもー 乾@八尾YEG トモコ@吹田YEG もーちゃん@トラベラー
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー ナホ@バイオリニスト
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
      隊員 アラピー@キャンプ命
土浦せんべろ隊長 ススム@ミック
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ! ユウシ@会津YEG
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命 弓子@キャベツ千切り
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
土佐せんべろ隊長 エツコ@パラダイス

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

梅田『たこ焼き シオヤ』(大阪)たこ焼きタイムスリップ。

酩酊していた。IMG_4592

「焼くのに10分くらいかかるで」
「飲んで待ってる」と、僕が云うと
 おばちゃんは、クルクルとたこ焼きを回し始めた。
 おばちゃんの手元をぼんやりと眺め、僕はビールを飲んでいた。

「ビールだけでもええか?」
 ジャージを着た中年のオジサンがふらりと来店した。裸足にサンダルだ。
 するとおばちゃんは、不機嫌そうにビールを注ぐとオジサンに手渡した。常連なのか、通りすがりかは分からない。おじさんは僕の隣で、美味しそうにビールをチビチビ飲んでいた。
 僕のたこ焼きが出来上がり、おばちゃんが僕に手渡してくれる。
 青のりのかかったソースたこ焼きだ。
 僕は、熱々のたこ焼きを爪楊枝で食べた。青のりとソースの香りがぷんとした。 そうだ、高校生の時、近所の神社で食べたたこ焼きだ。
 あの時と、同じ味だった。
IMG_4594
「今から、桜井さんの家に行かへんか」と、原田が云った。
 中間テストが終わった、高2の秋のことだ。
 原田は同じクラスで、帰宅方向が同じだった。テストも終わり、みんなほっとした顔でぞろぞろと下校している。僕と原田は、自転車に乗って校門から伸びる坂をゆっくりと下っていた。
 桜井さんは、クラスで一番可愛い女の子だった。
「行ってどうするねん」
「呼び出して話しするやろ。オマエが」
「なんで俺やねん。原田が好きやって云ってる娘やろ」
「テスト終わって、気がするんでる今がチャンスや」
「なんのチャンスだ。ひとりで行ってこいよ」
「オマエ、そんなこと云うてると友だちなくすで。頼むから、な、な」
 ひとりでは、会いに行けないと、不機嫌になってくる始末だ。
 押しの強い原田に負けて、結局、僕はついて行くことになった。
「桜井の家なんて、知らんで」と僕が云うと、
「調べてあるんねん、ついて来い」と、原田が元気よく云った。
 ならひとりで行けよ。と思う。

 桜井さんの家は、旧街道にある古い家だった。僕が近くの神社に、彼女を呼び出すことになった。もう、ここまで来ればなんでもするよ。
 チャイムを鳴らす。いなければいいのにと思いながらだ。
「どうしたの?」
 いた。制服のスカートにブルーのセーターを着ていた。
「原田と遊びに来たんだ。神社で原田が待ってるから来てくれよ」
 間抜けだなぁ、と思いながらそう云うと「待ってて」と、彼女は云った。
 僕は神社に戻った。
「どうやった? おった?」
「来るって」
 原田は急にそわそわしだし、神社にあった錆びだらけの滑り台に上って、ずるずると降りた。僕は、ブランコに座る。なんで僕がいるんだ。とか、思いながら。
 着替えてきたらしい。
 桜井さんは、白いシャツとミニスカートをはいていた。
「こいつ、桜井のことが好きやねんで」と、突然、原田が滑り台の上から叫んだ。
 ヒューヒューと云いながらだ。原田の顔が赤くなっていた。人前であがると原田は顔が赤くなるのだ。
 馬鹿なのか? と、思ったけど「いや、原田が」とか、僕はもごもごと桜井さんに云っていた。どうすりゃいいんだ。こう云うお馬鹿は。ドン! と云いたい。

 何を話していいのか分からなかった。
 僕が黙っていると、
「たこ焼きを食べよう」と原田が云った。
 神社の境内に小さなたこ焼き屋があった。そこで食べようと云うのだ。
「ここ旨いねん」
「なんで、美味しいって知ってるの?」と、桜井さんが原田に訊いた。
「何度か食べたことあるから」
 何度も来てるんだ・・・。
IMG_4595
「たこ焼きセットください」
 若いカップルの男の子が注文した。お揃いのキャリーバッグを持っている。おそらく旅行者だろう。
「今から焼くから15分くらいかかるで」と、シオヤのおばちゃんが云った。
「ビールもういっぱい」と、サンダルのオジサンがお代わりをした。
 僕は、たこ焼きをひとつ、食べた。やはりあの時と同じ味だった。
 あの後、僕たちはどうしたんだろう。神社にあった狛犬を照らす夕日をなぜかよく覚えていた。
 ずいぶん後になって、あの時の神社に行ったことがあった。たこ焼きを食べようと思ったが、もう、店はなくなっていた。
 僕は、ずいぶん変わったのかもしれない。残りのビールを飲み干し、僕はカウンターを離れた。原田と桜井も、変わっているんだろう。なぜか、同じ味のたこ焼きが梅田にあるのが、不思議に思うよ。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たこ焼き シオヤ
住所 大阪府大阪市北区角田町9−25 新梅田食堂街1F
電話 06ー6313ー2714
交通 阪急梅田駅、JR大阪駅、大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅から徒歩2分
営業 15時から23時
定休日 日曜日
500円くらい。せんべろです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
【全国で活躍するせんべろ隊員たち】
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@女優 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab なるみ@おかえり
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
         沙也加@すくもー 乾@八尾YEG トモコ@吹田YEG もーちゃん@トラベラー
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー ナホ@バイオリニスト
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
      隊員 アラピー@キャンプ命
土浦せんべろ隊長 ススム@ミック
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ! ユウシ@会津YEG
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命 弓子@キャベツ千切り
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
土佐せんべろ隊長 エツコ@パラダイス

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

枚方『四万十 寺田屋』(大阪)龍馬の鯖寿司を食べる。

しばてん踊りの夜。IMG_4621

 川漁師のえっちゃんが大阪に遊びに来た。
 というより、飲みに来た。飲んだのは『寺田屋』である。
 何年か前、僕が四万十に取材に行ったとき、
「大阪に店を出すんよ」と、えっちゃんが云った店である。
 どの辺りに出すんだろう? と、思っていたら枚方である。僕の家から10分くらいの場所で、驚きだった。四万十までクルマで7時間くらいかかるのに・・・。

 淀川の宿場街で『寺田屋』と云えば、京都伏見にある龍馬の船宿である。お登世さんがやってた宿で、寺田屋事件とか幕末の歴史にしばしば登場する。
 えっちゃんの寺田屋って龍馬に関係あるの? と訊いたら、
「うちの苗字は、寺田やけん」と、えっちゃんが云った。
 なるほどね。ややこしや。
IMG_4614
「献杯」と、えっちゃんが云った。
 土佐流に、彼女がお銚子を斜めに注いでくれる。お銚子は、お酒が注ぎやすいように尖った口があるが、そこからは注がない。縁が切れないように、切れの悪い場所から注ぐ。
 献杯、返杯が始まると大変である。
「酒は、倒れるまで飲むもんやけん」は、えっちゃんの口癖である。
 返杯!! と、彼女がお猪口を差し出した。
 真似してお銚子を斜めにして注ぐ。
 じゃぁ、献杯。と、続く。果てしない。
IMG_4608
「ここの鯖寿司って、土佐の清水鯖?」
「そうやけど」
「酢は、橙酢かな」
「柑橘系の酢を使うちょるよ」
 坂本龍馬の好物の記録が残っている。
 龍馬が、友人の家に遊びに行ったときのことだ。
『坂本が好きであるから、鯖の刺身へ橙の酢をかけたものを出した』とある。
 えっちゃんの店では、その龍馬が食べた鯖寿司を食べることができるらしい。寺田屋では、特に何も云ってないけどね。
IMG_4616
 僕は、龍馬の鯖寿司と、カツオの藁焼きを頼んだ。カツオは、塩とニンニクで食べる。
 龍馬の鯖寿司食べてみたいしね。
「藁焼きやったら煙たくなるって、えっちゃんが嫌がるんや」と、厨房でカツオを藁でいぶしながら板長が云った。板長の手元から、炎が上がっている。
 厨房から藁が焼ける匂いが漂ってきた。田舎の民家で、囲炉裏を囲んでいるような気分だ。
「うち、そんなこと云うちょらんで」
 そうかな。云いそうである。
 僕は、日本酒が並んでいる瓶の中から、岡田以蔵を選んで頼んだ。龍馬の鯖寿司と、酒は人斬り以蔵だ。一口飲むと、旨い。
IMG_4633
 今日は、ええもん持っちょるんよ。と、えっちゃんが鞄から風呂敷のようなものを出した。
 何かの顔が描いてある手ぬぐいだった。ハサミを出して、目の部分を開ける。
「負けた方が、踊るんよ」と、えっちゃんは頭に被って云った。
 しばてん踊りだと云う。えっちゃんが手をヒラヒラさせて、ユーモラスに踊って見せた。
「何に負けたら?」
 なんでも、ええで。
「これを被ると、誰でも踊りたくなる魔法の手ぬぐいや」
 ことによると、龍馬も踊ったのかもしれない。ふと、そんな風に思った。
 献杯!!
 えっちゃんが踊っていた。飲みたいだけじゃないのか。ひらひらひらひら。
 返杯!!
 僕も被ってみる。すると、なんだか踊りたくなる。
IMG_4635
「ええやろう。土佐に来たら、いっぱい踊らせてあげるけん」
 何杯飲んだのか、分からない。
 献杯と返杯が続く。
 しばてんがひらひらと踊っている。えっちゃんの笑い声が聞こえていた。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
寺田屋
住所 大阪府枚方市岡東町11ー14 菊本ビル1F
電話 072ー845ー2001
交通 枚方市駅から徒歩2分
営業 17時から24時
定休日 月曜日
5千円くらいでした。飲み過ぎです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
【全国で活躍するせんべろ隊員たち】
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@女優 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab なるみ@おかえり
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
         沙也加@すくもー 乾@八尾YEG トモコ@吹田YEG
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー ナホ@バイオリニスト
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
      隊員 アラピー@キャンプ命
土浦せんべろ隊長 ススム@ミック
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ! ユウシ@会津YEG
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命 弓子@キャベツ千切り
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
土佐せんべろ隊長 エツコ@パラダイス

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一

梅田『たこ梅』(大阪)日本一古い関東煮屋。

ガード下にある老舗?IMG_4554

 新梅田食道街に『たこ梅』はある。
 1844(弘化元)年創業だから、こいつは古い。もちろん、江戸時代に電車は走ってないから、大阪日本橋は道頓堀に本店があるけどね。
「かんとうだっきゃ、やで、かんとうにとちゃうねん」と、酒飲みのチエが云った。

 白い手編みのセーターを着て、ジーンズに赤いリーボックだ。今日は、飲む気まんまんで来てるようだった。
 そう、子どもの頃、確かに「かんとうだっきゃ」と、発音していたと思う。
「おでんって、いつごろからやろう?」
「コンビニで売り出してからちゃうか?」と、チエが云った。
IMG_4548
 『たこ梅』に入ると、中は客でいっぱいだった。
 これは待たないといけないな、と思っていると、丁度、若いカップルがふたり席を立ち、僕たちはそこに座ることができた。見回すとほどよく酔ったひとたちの顔がずらりと並んでいる。いい感じである。
 何にしようか? と、メニューを見てみる。
 まずは、名物の上燗酒だ。チロリから錫のコップに燗酒を注いで飲むのが旨い。それから、やはり名物のたこ甘露煮も。
「晩秋やから、土瓶蒸しも頼んでや」と、チエが云った。
「タコの甘露煮が名物やから、たこ梅なのかな」と、僕は呟いた。
「素人さんやな、ちゃうちゃう、カウンターがコの字になってるやろ、お客さんにたこ足配線のようにサービスができるから、江戸時代からタコって呼ばれてる形式なんや」
IMG_4557
 エマが、なんか物知り佐々木みたいである。
「お店の人なの?」
「へへ、ネットで調べてきてん」と、チエが舌を出して白状した。
 なるほど。そうだろう。チエは、ただの酒飲なんだ。
「じゃぁ、なんで『梅』なん?」
「初代が、梅さんやったからやな」
 う、詳しい。
「ど根性ガエルかよ」
「あれは、お江戸の下町や。こっちは道頓堀の梅次郎さんや。いま、五代目らしいで」
 燗酒で満たされたチロリが来た。
 僕は、もの欲しそうな顔をしたエマのコップに注いであげる。
「ええ、香りやなぁ」とチエは云うと、ひょいとひとくち飲んだ。
IMG_4563
「うちが子どもの頃、家の近くのお風呂屋さんにおとんと行っててん。帰りによく関東煮を買って食べたわ。真っ黒になったチクワとか、すじ肉、美味しかったなぁ」
「昔、住んでたとこ?」
「だんじりのある和泉市や。関東煮は、駄菓子屋の店先で食べたで」
「だんじり文化圏にいたんだ」
「太鼓の音に、今でも胸が躍るねん。隣町のだんじりが来たら、ぶっつけてた時代や。喧嘩だんじりは、今、あかんやろ」
「危ねぇなぁ。けが人とかでそうや」
「いや、それが意外と大丈夫なんや。ぶつかるの分かってるから、屋根の上で赤い団扇を持って踊ってる若衆がヒラリと降りてくるねん。それがかっこええねん。芸術的やったなぁ。ぶつけてだんじりの屋根がふっ飛ぶねんで」
「それを子どもも引いた?」
「危なくない先頭で引かせてもらえるんや。そうそう、男の子たちが下品な歌を意味も分からずうたいながら・・・。子どもだんじりじゃなくて、本物のやった」
 いい時代だったのだなぁ、と思う。
 チエがさえずりを注文した。名物らしい。
「鯨で、関東煮の味を出してるねん」
「なんの味かな、と思ってたんだ。鯨かぁ」
 日本の伝統、江戸の味なんだなぁ、とおでんを食べながら思った。おっと、関東煮である。
IMG_4569
 チエが酒のお代わりをした。
「梅さんの関東煮は、どんなんやったんかなぁ」
 チエはさえずりを食べながら云った。
「だんじりが喧嘩しなくなったように、関東煮も美味しく上品にアレンジされてるハズや(証明は難しいけどね)。初代梅さんの頃は、もっと、豪快な『かんとうたっきゃ』だったと思う」
「昔のだんじりおもろかったわ」
 チエはちろりから自分で酒を注いで、ぐいっと飲んだ。子どもの頃の、だんじりと思い出しているのかもしれない。ああ、昭和も遠くなってきたなぁ。
<記事 大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たこ梅
住所 大阪府大阪市北区角田町9−25 新梅田食堂街1F
電話 06ー6311ー3309
交通 阪急梅田駅、JR大阪駅、大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅から徒歩2分
営業 16時から22時50分(平日) 15時から22時50分(日・祝)
定休日 無休
ひとり三千円くらいでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10413293_655198737955660_7817742585429908209_n
「ええ体してるやん。せんべろ隊に入らへんか?」
年齢・経験不問。お酒が飲めなくても安心して活動できます。
【全国で活躍するせんべろ隊員たち】
大阪せんべろ隊長 紙本櫻士@コピーライター
      隊員 サナエ@女優 みーやん@ギタリスト エマ@野菜ソムリエ c@ab なるみ@おかえり
         かおりん@シャンボール ハラタク@じもてぃ ホソカネーゼ@らふぃね
         沙也加@すくもー 乾@八尾YEG トモコ@吹田YEG
東京せんべろ隊長 にしやん@上々颱風
      隊員 ひろみ@デザイナー ナホ@バイオリニスト
下町せんべろ隊長 ジュンイチ@八木商店
      隊員 アラピー@キャンプ命
土浦せんべろ隊長 ススム@ミック
掛川せんべろ隊長 川人拓也@伝える人
会津せんべろ隊長 吉川@ジュニエコ100開催地だ! ユウシ@会津YEG
浦和せんべろ隊長 かおりん@もつ命
      隊員 サヨコ@ピアノ命 まゆゆ@ピンク命 弓子@キャベツ千切り
全米せんべろ隊長 としゆき@カマス・ワシントン
盛岡せんべろ隊長 アキ@盛岡美人
土佐せんべろ隊長 エツコ@パラダイス

※行け! って感じのせんべろモデルはmaiちゃんです。感謝!!!
撮影 田原慎一
ブログ村ランク
日本ぶろぐ村でもせんべろ
ライブドアランキングに参加しています。
ライブドアでも、せんべろ
僕のプロフィール